2015年12月18日

スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 本日公開

サンタのつぶやきシリーズ


楽しみなんだけど不安。その理由とは


長かったよなー、ようやくエピソード6の続編が公開となるわけだ。リアルに30年位経ってるんじゃないか。エピ4から始まってエピ5→エピ6でとりあえず完結し。忘れた頃に再びエピ1が始まって。エピ3のラストが見事にエピ4に繋がった時、SWなのに涙してしまった事を覚えている。まさかSWで涙を流すなんて夢にも思わなかった。

当時としては一応これでキリが付いたと思っていたから、新作は無いと信じて疑わなかった。でも、出来ちゃったんだな。とても喜ばしい。しかし。同時にめっちゃ不安。今までのSWだろうか。これはエピ1の公開時にも似たものがあったかな。とにかく世界もキャスティングも全てが変わってしまって戸惑いを隠せない感じ。それでも続けて観てるうちにすっかり馴染んでしまったのも事実。だからきっと最初だけは違和感があるかもしれないけど、それはそれで慣れるのかなと思っている。

でもね、お約束がいろいろあってさ、これらはきちんとトレス出来てるのかな。先ずはオープニング。例のロゴとあらすじが画面奥に飛んで行くアレは当然あると思うけど、問題はその次。スター・ウォーズは必ず宇宙空間から物語が始まっているというお約束。どうなんでしょ。

中でも一番心配なのが悪役ね。強いのは当然ながら、美しくなければいけない。そしてシスは必ず2人セットで動く。これもある意味お約束。ストーリーで言うと、オープニングにあったように、昔々銀河の遠い何処かのお伽話なわけ。言ってみればルーカスの脳内世界を映像にしてきたわけ。新しい監督が新しい解釈をどーのこーのって言ってたけどさ、そんなんはどーでもいいのよ。キャスティングにしても辛うじて御三方が生き残ってるもののアクションはきっついでしょ。ということで自然に新しい新人に受け継がれるわけで、見慣れるのか、見慣れないのか。どーなんでしょ。

とにかく何だ、スター・ウォーズって映画は「常に新しい何か」を見せてくれたのさ。エピ4ではコンピュータ制御による特撮の多重撮影。これによって複数の宇宙船を同時に動かせるうようになったのかな。エピ5では従来無理だった昼間や雪原シーンでの特撮合成を可能にしたこと。エピ6ではほぼ完成の域まで達した特撮技術とリアルな森のシーン。これらはCGでは絶対に作り出せない世界だった。

たしかその当時、ルーカスが「次の映画ではフルCGで」と言っていたのを覚えている。それってとんでもない話だった。当時のMacはようやくQuadraからPowerPCになりかけていた頃で、数メガの画像を合成するのも大変だった時代。動画をやるなんて夢また夢だったかな。しかし時代が彼に追いついてきて遂にエピ1では全編に渡って大胆なCGを使うまでになった。常に何か新しい物を見せてくれたのがスター・ウォーズだったわけ。

18日は無理だが、19日の座席は既に押さえてある。見終わった後にどのような感想になるのか、お楽しみということで。




>>>>> サンタのつぶやき 一覧はこちら <<<<<

山劇/となりの山劇 INDEX
山劇COMICS INDEX
山劇MOVIE INDEX
山劇TRAVEL INDEX
山劇ONGAKU INDEX

おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧>



posted by サンタ at 00:05
"スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 本日公開"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]