2006年01月13日

ついにその時はやってきた。ニコンよ、お前もか!

サンタのつぶやきシリーズ


時代かねぇ


最近閉店とか撤退とかそんな話ばかり聞くなぁと思ったら、

昨日のニュースで『銀塩カメラ』を大幅に縮小ってあった。

をぉぉぉ。数年前オリンパスが一眼から撤退すると聞いた時以来のショックだわ。

昔からさ、カメラといえばニコンと相場が決まっていてさ、

日本における重鎮ってか、流行に左右されることが無く、実に玄人っぽいメーカー。

裏返すと、流行に乗るのが下手ともとれるんだけどね。

でも、そんな会社のカメラがすごく好きなのさ。

写真を写すことは勿論だけど、手に持つだけで思わず笑みがこぼれてくるような、

そんなカメラらしさがニコンのカメラにはあった。

今後は市場が拡大しつつあるデジタル部門に集中するらしいけど、

これもやっぱ時流なんだよねぇ。

おいらだって、もう2年程以前からフィルムカメラからデジタルに移行してきて、

1年前にデジタル1眼を購入するに至って、完全にデジタル化しちゃったもん。

プリントの問題も、今年の夏にエプソンのA900というプリンタを買ったら、

インデックスが出しやすくなってね、これで一気に解決。

最近ではわざわざ全部L版で出さなくなったよ。本当に必要な分だけ出すのさ。

おかげで3年程前に購入した F4は完全にお蔵入り。

でもいいのさ、ニコンのF1桁シリーズは今後も発売継続すると思うし、

F4はどうしても欲しかったカメラさ。めちゃカッコいいやんね。

恐らく2度とフィルムを入れる事は無いと思うけど、大切に保管して、

思い出した様に取りだしてニヤニヤしてやるさ。

それにしても残念だよなぁ。ハイアマチュア用のF100なんて

完成度がめっちゃ高い名機だよ。

こういう判断をニコンがした裏には、

デジタルで先行していたキャノンに追い付いてきたというデータがあるかららしい。

特に最新のD200という完成度の高い

デジ版ハイアマチュア用カメラをラインナップしたことによって、

今迄虎視眈々と構えていたニコンのハイアマチュアユーザが

一気にデジタルに移行してきたらしい。

一抹の寂しさを覚えるものの、これも時代なんだなぁ、と思う。

さぁ、ニコンバーゲンは無いか?(笑



NikonF6.jpg
↑ちなみにこいつは生き残るニコンの最上機種「F6」





>>>>> サンタのつぶやき 一覧はこちら <<<<<

山劇/となりの山劇 INDEX
山劇COMICS INDEX
山劇MOVIE INDEX
山劇TRAVEL INDEX
山劇ONGAKU INDEX

おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧>



posted by サンタ at 00:00
"ついにその時はやってきた。ニコンよ、お前もか!"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]