2015年04月08日

となりの山劇 No.127 話にならない話 その10

となりの山劇シリーズ


一人くらいは話がわかる店員を置いて欲しい


 友人に勧める為のスキャナの現物を見に、某電気に行ったのです。この店舗はなかなか具合がいい場所にあって、行きやすいのです。すると、やはり店員が1人近付いてきました。

「いらっしゃいませ。スキャナをお探しですか。」
「このね、GT9700Fという機種なんだけど。」
「はい。」
「透過原稿なんだけど、『ロクナナ』って使えるかな?」
「ええ、フィルムの取り込みも可能です。」
「・・・・・・・」

 この時点で、これはヤバイと思ったのだが、話を続けた。

「フイルムにもいろいろありましてね、普通は35ミリと言うんですよぉ。それではなく、『ろくなな(6×7)』という特殊フィルムを使いたいのです。」
「はぁ~~~少々お待ち下さい。」

 そう言って、その店員は機種のカタログを探してスペック表を眺めていた。

「ここに『35ミリ』と、『ヨンカケルゴ』と、『ブローニー』って書いてありますね。『ロクナナ』とは書いてないようですが。」
「ですからブローニーにもいろいろなサイズがあって、ほら、このオプション写真を見る限りは正方形だからこれは『ロクロク(6×6)』用なんですよ。」
「はぁ・・・」
「でも、仕事柄使うのは『ロクロク』ではなくて『ロクナナ(6×7)』もしくは『ロクキュウ(6×9)』なんです。ほら、この『シノゴ(4×5)』の上のスペースは『ロクナナ』が使用できるのではありませんか。?」
「少々お待ち下さい。」

 その店員は再びカタログを穴が開くほど眺めていた。確かにカタログには『ブローニー』としか書いてないのである。困った店員は、メーカーに聞いてきますと言って何処かへ行ったまま数分たった。

「申し訳ありません。メーカーの担当者がつかまらないものですから・・・」

 実際に箱から出して見せて貰えればわかるんだけどね。今からそんな事言うのも面倒になってきたんで、結局そのまま店を出たのであった。時間もなかったし。



【話にならない話の関連記事】
<となりの山劇 No.118 話にならない話 その1> 某サービスの巻
<となりの山劇 No.119 話にならない話 その2> 某商会の巻
<となりの山劇 No.120 話にならない話 その3> 某商会の巻2
<となりの山劇 No.121 話にならない話 その4> 某ランドの巻
<となりの山劇 No.122 話にならない話 その5> 某ランドの巻2
<となりの山劇 No.123 話にならない話 その6> 某ランドの巻3
<となりの山劇 No.124 話にならない話 その7> 某画材の巻
<となりの山劇 No.125 話にならない話 その8> 某マートの巻
<となりの山劇 No.126 話にならない話 その9> 某電機の巻
<となりの山劇 No.127 話にならない話 その10> 某電機の巻2
<となりの山劇 No.128 話にならない話 その11> 某大手電機の巻
<となりの山劇 No.129 話にならない話 その12> 某大手電機の巻2



>>> 山劇/となりの山劇 インデックス <<<



posted by サンタ at 15:17
"となりの山劇 No.127 話にならない話 その10"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。