2015年04月08日

となりの山劇 No.119 話にならない話 その2

となりの山劇シリーズ


理解出来ない話は正直に「わからない」と言え!


 これは数年前(平成5年頃)の話です。とある情報機器及び事務器販売大手の「某商会」の営業担当にMACのイーサによるLANの相談と見積りを出してもらおうと話を持ち掛けたところ、その担当営業は「MACの事はあまり詳しくないから」と言って、設備担当の方に電話が回ったのです。以下はその設備担当者との会話です。

「方式はいろいろあるとは思いますが、サーバを設置しなくて済み、ハブも必要無いような一番簡単な方式が希望です。」
「LANを組むためには、サーバが必要不可欠です。サーバソフトも必要です。」
「大げさな方式でなくていいのです。10BASE-2ってやつでどうですか?」
「サーバが無ければ動きませんよ。」
「?????」
「サーバソフトもいろいろありますが・・・」
「ちょっと待って下さい。確か標準のOS中にそれに相当する機能拡張があるのではないですか?」
「機能拡張ですか?」
「確かイーサトークという機能だったと思いますが。」
「それはどこのソフトですか?」
「いや、OSです。漢字トークの中にある機能です。」
漢字トークって何ですか?
「・・・・・(絶句)」

 ここに至って、ようやくこの担当がMACの事を何も知らないという事に気が付いたのです。そこで、私が知りたいのはMACのLANだと念を押し、そちらでもう一度詳しく調べてもらって、後で見積書をFAXで送って欲しいと依頼したのです。ところが、1週間程たっても音沙汰が無いのでもう一度電話してみました。

「先日のお願いは進んでいますか?」
「何の件でしょう?」
「イーサの件です。」
「あの件でしたら見積書はお出し出来ません。」
「どういう事でしょう?」
「御社の希望に添ったシステムは不可能だという事です。」
「どういった事が不可能なんですか?」
「サーバ無しでは作動しません。」
「ところで、貴方は、先日、電話を切ってから、もう一度、この件、特にMACのLANについて、詳しく、調べましたか?
調べていません。

 普段、冷静をモットーとする私ですが、さすがに腹がたち、そのまま電話を切ってしまいました。すると、すぐに電話が掛かってきて、

「失礼ではないか」
「失礼なのはどっちだ!こちらは1週間も待っていたんだぞ、やる気が無いなら最初から言ったらどうだ。時間の無駄をどうしてくれる!」

 これ以来、現在名古屋市丸の内に事業所がある某商会には2度と電話をする気が失せました。全く話にならない。



【話にならない話の関連記事】
<となりの山劇 No.118 話にならない話 その1> 某サービスの巻
<となりの山劇 No.119 話にならない話 その2> 某商会の巻
<となりの山劇 No.120 話にならない話 その3> 某商会の巻2
<となりの山劇 No.121 話にならない話 その4> 某ランドの巻
<となりの山劇 No.122 話にならない話 その5> 某ランドの巻2
<となりの山劇 No.123 話にならない話 その6> 某ランドの巻3
<となりの山劇 No.124 話にならない話 その7> 某画材の巻
<となりの山劇 No.125 話にならない話 その8> 某マートの巻
<となりの山劇 No.126 話にならない話 その9> 某電機の巻
<となりの山劇 No.127 話にならない話 その10> 某電機の巻2
<となりの山劇 No.128 話にならない話 その11> 某大手電機の巻
<となりの山劇 No.129 話にならない話 その12> 某大手電機の巻2



>>> 山劇/となりの山劇 インデックス <<<



posted by サンタ at 14:20
"となりの山劇 No.119 話にならない話 その2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。