2020年10月14日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

山劇MOVIEシリーズ
既に消化試合的になってきた
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、他

正直言うと既に惰性で 物語が続いているような感じがする。 もう少し何処か新鮮味を出さないと飽きてしまいそう。 ストーリーが分散的で結局何がしたかったのか? 「あの方」は一体何が必要だったのか? 何故「あの方」の名前を言ってはいけないのか? 「あの方」とポッターの絆って何? ポッターの額のキズの謎って何だっけ? 巨人の協力って何だったのか? あの「部活」は何の意味があったのか? おいら例の「おばちゃん」が重要な鍵を持っているのでは? と思って注目してたんだけど、 最後にあれは無いわ。 最初にポッターが襲われたときに意識不明になった坊やは いったいどうなったんだろう? かつて飛んでいるところを人に見られていけないと言いながら、 あれだけ堂々と飛んでいれば誰かに見られるだろう? いろんな見せ場自体は数多くあったし、 迫力あったけど

全部作りっぱなし

それくらい勝手に想像しとけということかな? それから、 皆書かれているけど「シス」の対決みたいになってきたと 言われて気がついたけど本当にそうだわ。 実は「あの方」とポッターが親子だったと言うオチにならないことを願ってます・・・

関連サテライトサイト


posted by サンタ at 17:41
"ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]