2020年11月11日

ダイ・ハード / ラスト・デイ

山劇MOVIEシリーズ
アクション映画と見れば優秀
独断と偏見的評価: ★★★☆
監督:ジョン・ムーア 出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、ユーリヤ・スニギル、他

全体の時間が約90分ということもあって、中身ぎゅうぎゅう詰め。 始まりからラストまで一気に見れる。 もうなんていうか、細かなことは置いておいて、 連続するアクションをひたすら楽しめばいい感じ。 そのような感じで見るなら良い出来だと思う。 最近で言うと、アレだな。 まるでエクスペンダブルみたいな雰囲気。 あぁ、あの映画もブルース出てたっけなー。 スカッとしたい向きには最適な仕上がりなのではないでしょうか。

で・・・・・・・だ

この映画って「ダイ・ハード」だってんだよね。 ブルースの運の悪さが1つ見所だったわけだけど、 なーーーーんか無理無理っぽくないですかね。 個人的にはもっと「ジタバタ」して欲しいところだけど、 いつの間にかやったら超人になってしまってるしなーー。 話の筋書きがどんどんスケールアップしてるから仕方ないのかな。 あぁ、ナカトミビルや空港が懐かしいねーーーー。 それと、悪役がイマイチ「悪さ」が足りないんだよねー。 何でもそうだけど、悪が強ければ強いほど面白いんだよ。 ラストも一捻りあるかと思ったんだけど、 そのまま終わってしまった。 めでたしめでたしということで。

関連サテライトサイト


posted by サンタ at 21:03
"ダイ・ハード / ラスト・デイ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。