2006年01月20日

驚きビックリのニュース第2弾!コニカミノルタがカメラ事業撤退?

サンタのつぶやきシリーズ


いよいよ合併はマジな話になった


え~~~~~、マジかよ。

つい先日のニコンのフィルム事業からの撤退に続いて、

コニカミノルタがカメラ事業自体から撤退なんて。

コニカって言ったら、昔からの老舗やんね、

ミノルタだって、常に革新的な機構を持ったブランドとして

根強いファンがいるし。何よりオートフォーカス1眼を世に出して

一眼の概念を根底から覆してくれたメーカーだった。

そんな2つのメーカーが統合合併してコニカミノルタになり、

そして今度はカメラ事業から撤退?・・・・なーんてこったい。

今後はカメラ事業をソニーが引き継いでいくみたいだけど、

「京セラ」みたいになるのかな。

昔京セラブランドが出たときは、皆「なんじゃそれ?」って思ったよな。

全く聞き覚えが無いブランドからカメラ・・・確か「サムライ」だったっけ。

それから、京セラブランドで高級オーディオが発売にもなった。

両方買ったけどw

よくよく調べてみると、老舗のカメラ会社とオーディオ会社を統合して、

新たに京セラブランドで発売したものらしい。

これと同じことをソニーがやるのかな?

おいら、実はコニカの知る人ぞ知る「ヘキサー」を持っている。

レンジファインダーカメラだけど、下手な一眼レフにも負けないその写りが

とても気に入っていた。

世の中がデジタルの時代に移り変わっても、長い間ヘキサーを使用していた。

しかし、やはりね、一度デジタルを使い始めると元に戻らないね。

ニコンの編でも書いたけど、一昨年デジタル一眼を購入してからついに

フィルムと決別してしまい、現在はデジタル一色になってしまった。

世の中のカメラがデジタルになると、今迄カメラに手を出せなかった

家電メーカーがこぞってカメラを出し始めたね。

流石に一眼の世界は歴史とノウハウを必要にするので易々と参入出来ないけど、

コンパクト分野ではカシオ、パナソニック、勿論ソニー等と言った

家電ブランドが大きく幅を利かせてきたね。

既にコニカミノルタがカメラメーカーとしての有利な条件が消えてしまった。

今回の撤退はそんな時代の流れなんだろうなぁ。

しゃーないけど、寂しい。


ヘキサー

↑コニカヘキサー。f2.0という明るいレンズを武器に、
 92年発売以来根強いファンが支持している。
 写りは一眼をも凌駕するが、まるで弁当箱のごとく重くでかいのが困り者。





>>>>> サンタのつぶやき 一覧はこちら <<<<<

山劇/となりの山劇 INDEX
山劇COMICS INDEX
山劇MOVIE INDEX
山劇TRAVEL INDEX
山劇ONGAKU INDEX

おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧>





ラベル:雑談
posted by サンタ at 00:00| Comment(0) | サンタのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。