2015年04月08日

となりの山劇 No.124 話にならない話 その7

となりの山劇シリーズ


最初からムリだと言ってるのに


 ここは元々画材店というやつで、プロ用の画材を生業としているのだが、時代の波ってやつで、MACにも力を入れてきたのです。主に出力関係がここの得意分野ですが、機材の販売も行っていまして、年に数回「特売セール」と称してチラシを持ってくるのです。でも悲しいかな量販店ではないので、それでも価格的に魅力がない。そんなことはわかりきっているので、あえて見積り依頼しないのだが、新型MACの導入を計画していたある日のこと。某画材店の営業が嗅ぎ付けて・・・・・

「新型の購入を検討してるんですってねぇ」
「どこで聞いたの?」
「ウチでも見積りを出させて下さい。」
「そんな事言うけど、出すまでもないんじゃない?。」
「今度はがんばりますから。」
「そこまで言うなら出してみてよ。」

 こうして出してもらった見積りは、やはり予想通り高かった。

「やっぱり高いじゃあない。」
「がんばったつもりですが。・・・やはりダメですか?」
「じゃあね、ここに同業他社の見積書があるからさ、これと同じにしてくれるならそっちで買うよ、どお?」
「わかりました。検討してきます。」

 こう言ってから数日後。

この価格ではムリだそうです。
「だから最初から、出すまでもないよって言ったじゃあない。」

 見積りになるいつもとこんな話になるので、最近は、大須へ現金を握り締めて買いに行くのです。

「現金で払うから安くして!」
「安く出来ないなら何かオマケつけて!」

 これが一番効く様です。



【話にならない話の関連記事】
<となりの山劇 No.118 話にならない話 その1> 某サービスの巻
<となりの山劇 No.119 話にならない話 その2> 某商会の巻
<となりの山劇 No.120 話にならない話 その3> 某商会の巻2
<となりの山劇 No.121 話にならない話 その4> 某ランドの巻
<となりの山劇 No.122 話にならない話 その5> 某ランドの巻2
<となりの山劇 No.123 話にならない話 その6> 某ランドの巻3
<となりの山劇 No.124 話にならない話 その7> 某画材の巻
<となりの山劇 No.125 話にならない話 その8> 某マートの巻
<となりの山劇 No.126 話にならない話 その9> 某電機の巻
<となりの山劇 No.127 話にならない話 その10> 某電機の巻2
<となりの山劇 No.128 話にならない話 その11> 某大手電機の巻
<となりの山劇 No.129 話にならない話 その12> 某大手電機の巻2



>>> 山劇/となりの山劇 インデックス <<<





posted by サンタ at 14:57| Comment(0) | 本家山劇/となりの山劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。