2020年10月09日

ゼログラビティー

山劇MOVIEシリーズ
余計なシーンを究極削除した結果
独断と偏見的評価: ★★★☆
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー, 他

全体を通して登場人物は約一名でした。 約というのは、最初の頃は数人いたし、 途中でどんどん減っていき、二人になるのかとおもったら、 結局は一人に。 出演者が少ない映画って今までにはひとつあった。

確か「月に囚われた男」だっけ

あの映画こそ、登場人物約一人だった。 話を戻すと、この映画のいいところは、 登場人物を始めとして 潔く余計なシーンをカットしてるとろ。 通常このようなパターンだと、 地上の管制センターが出てきそうだし、 地上で誰かが待っていそうだし。 そういった鬱陶しい部分は全部カット。 おかげで純粋に宇宙でのアクションシーンだけ。 上映時間も重要で、 本編だけだと90分にも満たないんだよね。 90分にまとまった映画ってすっごく面白いんだよ。 逆に120分を超えるほど印象が薄くなる傾向かな。 途中色々アクシデントがあったけど、 無事帰還できてよかった。 余談だけど、 もし、仮に、この映画を 故キューブリック氏が監督だったら。 一切の音楽を無くして、 終始「ハァハァ」という呼吸音だけの 映画になったかも。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 23:10| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。