2020年10月13日

ALWAYS 三丁目の夕日

山劇MOVIEシリーズ
原作を読んでしまった故の違和感出まくり
独断と偏見的評価: ★☆☆☆
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、他

昭和30年代だねー。 どことなく記憶にあるような 懐かしい風景がそこにあるって感じ。 でも、どれもこれもセットだな・・・・ そんな事を言うのは酷かもしれないけど、 リアルさがイマイチ。 自分は先に漫画から入ってるので、 漫画のイメージと映画の配役とか性格が 随分違う点に違和感ありまくり。。 そもそも六さんは男だし。 鈴木オートの社長はあんなに怒鳴らないし。 評価は分かれるかもだけど、 駄菓子屋のあいつは、

どーもイマイチ

ドラマのコトーが好きじゃないからかなー。(謎w 話は最後まで淡々と進む小ネタ方式。 山場がどこかよくわかんない。 というか、 この世界観は漫画の読者でないと 理解出来ないんじゃないんかなー。 観た後でこれはいったい誰の為の映画なんだろう? 映画的にはほのぼのとして、いい感じでしたが、 個人的にはイマイチ。 そもそも吉岡秀隆の演技が元々嫌いってことが すっごく大きい 残念~~~

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 09:04| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。