2020年10月13日

バットマン ビギンズ

山劇MOVIEシリーズ
バットマンってこんな暗い映画だったっけ
独断と偏見的評価: ★★★☆
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン 、他

まさか忍者もの映画だとは思わなかった。 コレには恐れいった。 かなり意表をつかれました。 それにしても涙涙の物語。 悲しいストーリー展開ですな。 今までのバットマンとはかなり雰囲気が違って 妙にリアルなところが新鮮。 それにしてもバットマンとはいえ完全じゃなく、 落ちれば痛いし、怪我もする。 この辺り何となくゼブラーマンとダブルのは何故(笑 個人的にはバットマンの装備の凄さを もう少し見たかったと思う。 例えば弾を弾き返す特殊スーツ。 もっと突拍子ないバットモービルとか。

すこーし不完全燃焼気味

あと、悪役がしょぼいねー。 兼さん見せ場無いし。 でもまぁまぁ全体に面白かった。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 11:02| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。