2020年10月20日

イーグルアイ

山劇MOVIEシリーズ
常に監視されてる恐怖
独断と偏見的評価: ★★★☆
監督: D.J.カルーソ 出演: シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ビリー・ボブ・ソーントン、ロザリオ・ドーソン、他

何の前知識無しに見れたのがよかった。 結果的に予告編も内容を多く語っていなかったし。 いつもどこかで見られている。 何処から?・・誰に?・・ そんな緊張感が最後まで保たれた。。。かというとちと違う。 ラスト辺りの人間関係と役割が少し混乱するし、 キャラの個性役割がイマイチはっきりしないし、 ピリッとしない。 内容的には「ボーン」シリーズと、「ダイハード4」と、 「アイロボット」を足して割ったような感じ。 コンピュータシステムの擬人化って割とベタやんね。 あぁ、やっぱ映画なんだなーーーって思ったけど、

最後まで一気に観れてよかった

ところで、 最初にFBIが突入したのもマザーの指示? シナリオ的に腑に落ちない部分がいくつかあるけど、 ま、えーわ。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 08:55| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。