2020年10月21日

007 慰めの報酬

山劇MOVIEシリーズ
いつもの007とは雰囲気が違う
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、他

「スパイ映画」としては最高に面白かった。 すっごいハードな展開だし、アクションは凄いし。 でも、 「007映画」としたら最低だなぁ。 いわゆるいつもの「楽しみ」が全然無いもんなぁ。 そもそも冒頭の定番シーンが無いところから違和感あるし、 おなじみのテーマソングが最後しか流れないところだとか、 何と言っても「派手な秘密兵器」が出てこないところだな。 デジカメみたいなもので分析するシーンはそれなりだけど、

やっぱ武器としてw

それが毎回ばかばかしいとは思いつつ、 楽しみの一つであったわけだ。 Qだって、只の中間管理職になってしまってるし。 「007」と冠つけてるのなら、 それっぽい何かが欲しいねぇ。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 07:33| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。