2020年10月22日

エリジウム

山劇MOVIEシリーズ
格差の仕組みが描ききれてないところが致命傷
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:ニール・ブロムカンプ 出演:マット・デイモン, ジョディ・フォスター, シャールト・コプリー、他

なんかスッキリしない。 結局何だ、自己中なババァが欲出して画策したら予想外の展開になって、 結果プロテスタントの勝ち。ってことか。 スッキリしないってのはきっと世界観が全く描ききれていないからなんだろーな。 肝心な仕掛けがことごとくチープだし。

予告編に騙された映画の典型

主人公は「強化」されてもう少し強いのかと思ったらそーでもないし。 上に行きたい理由ってのが、単に「自分が生き延びたい」だけだし。 あれならわざわざデーモンを持ちださなくとも、、 ヴィン・ディーゼルの方が似合うんじゃないかしらん。 何はともあれ、次は何が出てくるのかと思いながら観れたのは確か。 でも多分二度と観ない。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 10:23| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。