2020年10月22日

20世紀少年<第1章>終わりの始まり

山劇MOVIEシリーズ
映画は不親切な原作そのまま
独断と偏見的評価: ★☆☆☆
監督:堤 幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、他

元々の原作が短編集の最終ページを切り取ったような構成で、 謎は結局謎のまま。 オマケに現在と過去を目まぐるしく行き来するけど、 時間的には全然進んでいないし。 そんな腹立たしい原作をそのまま映画にしてくれたおかげで、 映画見てても、

終始イライラするだけ

ゲンジ役の唐沢寿明はミスキャスト若しくは演出ミスだなぁ。あれは暗過ぎ。 それでも原作を何度か読んでいるおかげで話が破綻しないけど、 読んでなかったら何が何だかわかんない映画だよなぁ。 確認の為にあえて見て、改めて確信したね。 こんな原作や映画を有難がってる連中は皆バカだぞ。 可能なら評価は星ゼロ個にしたいくらいだ。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 23:52| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。