2020年11月10日

エンド・オブ・ホワイトハウス

山劇MOVIEシリーズ
ダークな方のホワイトハウス
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:アントワーン・フークア 出演:ェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・バセット、メリッサ・レオ、他

正直に言うと、『ホワイトハウス・ダウン』と同時に借りてきて、 ホワイトハウス・ダウンの次に見たんだわ。 基本コンセプトが同じようなものなので、 見てる途中でも頭のなかがこんがらがってしまった。 なんで同時期に同じような映画を作るかなー。 どうしても比較になってしまうじゃん。 名の知れた出演者が出てるし、一応パチモノでなさ気なんだけど、 どうだろう。 映画としてのスケールの大きさというか、

楽しめるのは『ダウン』の方

あれだけ派手にホワイトハウスが破壊されても、 どことなく明るくて希望がある感じ。 『エンド』の方は画面自体が暗いし、 題材的にも暗いし、人が死ぬシーンも暗い。 とにかくあれだけ縦断を撃ち込まれていても一人だけ無事って、 どういうこと? もう少し話が二転三転するのかと思ったら案外そのまま工夫無くエンドだったし。 派手な銃撃戦の割にストーリー的には二の次。 ちとひねりが足りない気がする。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 00:25| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。