2020年11月10日

ルーパー

山劇MOVIEシリーズ
もう少し何とかならなかったものか
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:ライアン・ジョンソン 出演:ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン、他

タイムマシンで未来から送られてきた奴を始末するというアイデアや、 30年経ったら自分が送られてくるというアイデア。 そして自分自身との対決。 ストーリーとして決して悪く無いと思うんだけどなーーーーー。 なーんでああなるのか。 最初の30分くらいはよかった。次はどうなるのかワクワクしてた。 しかし突如現れる結構長~~~い中だるみ。 若ゾーバージョンがガキから大人に変革するにはそれだけの時間が 必要だったのかもしれんが、結構退屈だった。 かと思えばオジサマバージョンが活躍する場面はすっごく少なくて、 しかも思いっきり端折ってある感じ。 まさに「そんなものはどーでもいい」と。 ラストは、そういう結果の結末なんだと思ったりするけど、

何だかスッキリしない

もっと別の解決方法が無かったものか。 で・・・・・最後は「アキラ」的展開。 シナリオ手抜きだったんちゃう?

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 10:45| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。