2013年06月25日

山劇 No.119 J940Nという安プリンタを購入してみた 衝動買い編

山劇/となりの山劇シリーズ
低価格高機能満載だが肝心のCDプリントが最悪

昨日久しぶりに自宅のインクジェットプリンタを使おうとしたら、ヘッドが見事に目詰まりエラー。クリーニングするにしてもインキ不足で出来ませんと抜かすものだから、渋々インキを買いに行ったところ、店内で面白いプリンタが目についた。

ブラザー DCP-J940N-W

CD印刷が出来て、Wifi接続印刷出来て、10480円。
↓詳しくはココを参照
http://www.brother.co.jp/product/printer/inkjet/dcpj940n/index.htm

ただし、エプソンでもキャノンでもなく、ブラザー。しかも4色インキ。思えばね、ここ最近写真をプリントする事が無くなったし、殆どはCDラベル印刷マシンと化してるし。そもそも現在使用中の老朽プリンタは既にメーカーから修理不可絶縁状が来てるし。今後インキをフルに交換するとインキ代が6000円以上かかると思うと、コレでもいいのかなーっと思っちゃったんだね。

最後の最後までブラザーってとこが引っかかってたんだけど、値段を広告の価格より値引きして10000円に、更にポイント10%つけてくれたら買うと言ってみたところ、少し時間かかったけどオッケだというので購入してきた。たまたま財布に諭吉様が居らっしゃったのが運の尽き。

で、、、、、、帰宅して色々弄ってたんだけどさ、機能的には凄いよ。Wifi出来るからPCから開放されて設置自由だし、コピーには自動給紙フィーダーがついてるし。この価格で用紙がトレー式だし、おまけにCD印刷もできてしまう。

でもね、問題は『色』なんだわ。

はっきり言って事務機器的には合格レベル。しかし色の調整が全くダメ。話にならないレベル。最高画質にしても全然もの足りない。元々ブラザーってことで色のことは信用してないし、最初からわかってたことだし。そこらは割り切るかね。とりあえずコレでもブラザーのA4で最高機種らしいんだけどね。この上はファックスが付いたりA3になったりするだけ。

ここまでは良かった。

コピーの自動給紙もきちんと動くし、Webからの印刷も綺麗だし、無線設定もキチンとできたし。さぁ、肝心のCD/DVDプリントしてみると・・・

色がめっちゃ薄いじゃん!

えーーーーっ、なんでーーーーー?
今まで使ってきたプリンタで印刷した場合の半分くらいの薄さ。
何度やってみても薄いので、各種印刷設定をいじくり回してもまだ薄い。
これは困った。

ついでに言うと、CD/DVD印刷は専用ソフトで行うのだが、印刷時に毎回『プリンタの後に10センチのスペースが有りますか』と必ず聞かれ、プリンタ本体の方でも『プリンタの後に…(以下略)』、続いて『トレイは…(以下略)』、更に『ガイドを開いて…(以下略)』を聞かれた後に実行ボタンを押す必要があり、連続印刷したいのに同じ事を毎回聞かれ、しかも毎度ガイドを戻さないとエラーが消えないときた。ハッキリ言って鬱陶しすぎ。初心者用ならそれでも構わないけど、省略する事が出来るモードを付けるべきだろう。この辺り、ソフト的に未熟ではないか。

現在、様々な気がついたことをサービスセンターに問い合わせているところだけど、あーんまり期待できなさそうな感じ。どーしたものかねー。

ビミョーーーーだねーーーーー。

次回格闘編、乞うご期待





関連サテライトサイト




posted by サンタ at 13:27| Comment(0) | 本家山劇/となりの山劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。