2020年11月12日

アイアムナンバーフォー

山劇MOVIEシリーズ
まるで全体が次の予告編のような構成
独断と偏見的評価: ★☆☆☆
監督: D・J・カルーソ 出演:アレックス・ペティファー  ダイアナ・アグロン、他

全体に中途半端な映画。 シナリオの練り不足を感じるなぁー。 特に背景が全くわからないのが残念だよねー。 ていうか、見せ方が下手過ぎるのではないだろうか。 余分なシーンが多いのと、必要なシーンが足りない感じ。 あれでは只のアタマ逝かれたジャンキーが 群れをなして襲ってくるだけじゃん。 『何故?』という部分をもう少しきちんとお披露目してくれないと、

主役に感情移入できない

そもそもだ、 何故ナンバー1~3が死ぬ時に4に焼きアザができるのか。 結局UFOオタクのおやじの研究とは何か。 守護者の弱すぎる疑惑。 その他言い出したらキリがないから止めておくけどさぁ、 本編に続く予告PVのような構成の映画って観てがっかりするのさ。 何とも残念な映画でした。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 19:41| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。