2020年11月12日

ペントハウス

山劇MOVIEシリーズ
エディーが思ったより活躍しない
独断と偏見的評価:★★★☆
監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー エディー・マーフィー、他

まぁ、楽しめた映画だった。 最初から最後までノンストップで見れたことは面白かっということかな。 ただ、エディーは他の役者でも構わないくらい殆ど活躍しないし、 ストーリーはかなり大雑把な感じ。 そもそもペントハウスに文句を言いに行った時何故いきなり車を壊したのか。 (その時、器用に窓ガラスだけ割るから何かあるのかなーって思ってた) 騙した側の悪人っぷりが足りないし、

支配人っぽい人はまるで詐欺に無関心

誰と誰が結託して仲間になってるのかイマイチわからないし。 女捜査官が何故あそこまで褒めてくれるのかわからないし。 車を盗む計画がとにかく行き当たりばったりでズサン過ぎるし。 どーやって屋上へ持っていったのか思いっきりカットされてるし。 とは言え、まぁ細かな所はいっか。 エディーが観れたし。という映画でした。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 12:39| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。