2020年11月12日

アジャストメント

山劇MOVIEシリーズ
アイデアを生かし切っていないのではないだろうか
独断と偏見的評価: ★★☆☆
監督:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン エミリー・ブラント、他

アイデアネタはいいんだけど、 惜しいなぁというのが正直な感想。 アクションっぽいのを期待したけど、それ程でもないし。 かといって、SFっぽさもそれ程でもないし。 政治ドラマかというと、単なるつかみで話が続かないし。

無理にラブコメにしてる感じ

唯一の見所は『不思議などこでもドア』だけだったかな。 もう少し『運命管理局』を壮大に描けなかったものかなぁ。 運命が修正された後も上院議員に当選できるのかどうかとか。 なんつーか、もう一捻り足りない。 本当にめでたしめでたしなのかどうか分からない所が とてもモヤモヤする。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 23:56| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。