2020年11月12日

テルマエロマエ

山劇MOVIEシリーズ
阿部寛がはまり役
独断と偏見的評価:★★★☆
阿部寛, 上戸彩, 北村一輝, 竹内力, 宍戸開、他

いやぁ~、面白かった。 特に前半のフルーツ牛乳とか泡風呂とか。 発見する度に阿部寛が目を剥いて驚くさまが面白かった。 とにかく日本の濃い顔役者の大集合。 阿部寛があそこまではまり役だとは思わなかったw 実は最初の辺りを少しだけ原作を読んでいたのだが、 原作で表現しようとしていたおかしさとか笑いを上手く表現してると思う。

上戸彩は物語の中に要らない

特に上戸彩がしつこく登場してきた辺りから物語がダレてきた。 正直おもしろくない。 この辺り原作はどうなってるのか知らないけど、 物語的に、要らないのではないかな? いや、少しくらいあっても構わないけど あそこまでしつこく絡まなくてもよかったんじゃーないかなぁ。 上戸彩の登場シーンをもっとスッパリとカットして、 省略してしまった物語の、もっとあるはずの面白い部分の方を 映像化してくれたほうがよかったかなー。 邦画っていっつもそうだ。 極端に言うと原作にも無いような恋話をむりやりねじ込んで、 その部分だけ宣伝するパターンがよくある。 今回はせっかく風呂部分に焦点を当ててるんだから、 あくまでお風呂方面で何とかやり繰りしたらよかったのにねー。 面白かったけど、少し残念。

関連サテライトサイト




ラベル:邦画 ローマ 風呂
posted by サンタ at 23:05| Comment(0) | 山劇ムービー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。