2013年02月28日

<釣りバカ日誌> 北見けんいち

山劇コミックシリーズ
最近の展開は粒が小さくないか?
独断と偏見的評価: ★★★★ (2013年2月15日現在)
<状況:全話完読>

実は結構好きです。 マンガもそうだけど、昔っから釣りって好きだったんだよ。 おいら釣りを始めたのは丁度釣キチ三平が始まった頃と時期が重なるんだわ。 それで、学校の方の受験で忙しくなってからはとんと行かなくなってさ、 釣りバカ日誌が始まったのはさ、釣りに行かないようになってからだな。 作画の北見氏はさぁ、確か・・・・・ 赤塚不二夫のアシだったんじゃなかったっけ? 外の地方ではわかんないかもだけど、 名古屋のご当地新聞である中日新聞の サンデー版にマンガ連載してるじゃんねぇ。 あのマンガの親父なんておそ松くんの親父そのものだよなぁ。 しかもさ、たまに。。。 「シェー」なんて、往年のギャグが出てくるさ。 まぁいいや。 いつも話が横道にそれるなぁ。 ほほほほほほほほほほほ。(^.^) 釣りバカ それで「つりバカ日誌」の方だけど、 いったいいつまで続くのか? すーさん役の三國連太郎が元気なうちは続くのかなぁ。 でもね、 最初の頃と今とでは随分話の展開がちゃうよぁな。 最近じゃぁ話の展開がさ、ハマちゃんの周囲の話が多いわ。 本人自体の話が少なくなってると思わないか? なんつーのかな。 すっかり「映画化」を意識したよーな話の展開になっているような気がするさ。 読んでいて、あぁ、この話もいずれ映画になるんだろうなぁ、 という感じがするんだわ。 社長のすーさん事鈴木社長もね、最近は動きが少ないよ。 わがままなのは相変わらずだけど。 釣り場か日誌ももう何巻くらいなんだろ? 長すぎて気にもしていないけど、 やっぱりそろそろ新鮮なネタが尽きてきたかなぁ という気がする。 現在の服部君編なんて粒が小さい小さい。 あんな小物が話の中心じゃ~しょうがないっしょ。 この辺りは原作者にしっかりして欲しい。 あんた、それで飯食ってんだろうがぁ!。ってね。 そろそろ最終回の展開を考えておいたほうがよくないか? 出版的にはドル箱なんだろうけど、 物語的にはそろそろ新しい新鮮な展開が無いと 読者は飽きるさ。 褒めて 落として もう一度持ち上げて、 さらに落とす。 で、 結局どっちだ? というのが おいらの最近の展開だなぁ、わはははは。 今日はここまで~~~。

関連サテライトサイト




posted by サンタ at 22:34| Comment(2) | 山劇コミックス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"ブログみています。
色々と勉強させていただいています!"
Posted by Daiwa Reel at 2013年03月01日 23:52
訪問ありがとうございます。
何しろ古い話題で申し訳ないです。のんびりしていってください。
Posted by 管理人 at 2013年03月03日 21:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。