2013年02月05日

山劇 No.065 専門用語続出オーディオ昔話 3


自作のスピーカーが流行っていた


 さてさて、音の最終経路、スピーカーを忘れてはいけない。実はここの所で2派にばっさりと別れるのである。ひとつは製品購入派。連中は、JBLの4343とか、タンノイとか、ヤマハのスピーカーを愛用していた。もう一つの派閥は自作派。連中は、バックロードホーンという名前の複雑なエンクロージャーを製作し、そこに「コーラル」とか「フォステクス」といったスピーカー専門メーカーの高性能ユニットを組み込んだ。マルチスピーカーにするには、クロスオーバー周波数を調節するためにフイルターをかますなど多少の専門知識は必要だが、プロダクト製品を購入するよりもはるかに安く製作できた。

 かつての初期的第1号機は自作だった。雑誌に載っていた図面を元にして見よう見まねで作った。しかし、こいつは部屋に置くにはでかすぎたので、後にソニーのSS―R1という小型バスレフ式ブックシェルフ型スピーカーを購入した。今ならばきっとBOSE社の超小型スピーカーを選択すると思うが、当時BOSE社は実験的第1号機が発表されたばかりの新興会社だった。

 さてさて、何かが足りないと感じたアナタは正しい。そう、レコードプレイヤーが入っていない。実は自分の世代はレコードプレイヤーにはあまり執着していない。それでも多少はこだわるが、そこそこのレベルにとどまっている。第一、レコードプレイヤーにこだわると、それこそ泥沼的に金がかかり過ぎるのである。だから、レコードにこだわるのはワシらのもう一つ上の超こだわり世代である。

 ちなみにそーゆーこだわり世代の人達はどうしているのか、知り合いの人の例を紹介しよう。その実在するこだわりの知人を仮にSさんとしよう。Sさんは、まず電源から手をつけた。つまりオーディオの為に専用の電力を新たに契約し、他の家庭用とは別系統にしたのである。次に床を工事した。通常の家屋の床は貧弱で、歩くだけで振動が発生する為その床を取り払い、基礎から床までをコンクリートで固め、その上にオーディオ専用の床を強固に固定した。さらに室内に防音設備を施し、周囲の環境にも対処した。

 さて、それからやっと話題が機械の方に移る。一口にレコードプレイヤーと言っても、実はいろんな部品で構成されているのである。







>>>山劇インデックスに戻る
posted by サンタ at 23:07| Comment(0) | 本家山劇/となりの山劇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください